まずは腸の仕組みを正しく知ることから

腸は皆さんも御存知の通り小腸と大腸に分かれています。これらはそれぞれ大切な役割を担っており、私達の食べたものを消化して最終的に便にして外に押し出します。

 

小腸の主な働きは栄養素の吸収と水分の吸収です。この小腸はとても長く個人差はありますが6~8メートルはあると言われています。小腸から大腸に運ばれた食べ物は、ぜん動運動によって移動しながら皆さんの知っている便の姿になっていきます。

 

この時に腸内細菌の働きで腐敗や発酵が起こります。まだ柔らかい状態だったものが、ここで残った水分も吸収され直腸へと移動していくのです。便意を感じるのは、この直腸に届いたサインなのです。

 

この大腸の働きが弱ると、便秘や下痢などの症状が起こります。それらは大腸に何らかのトラブルが起こっているサインなのです。健康な大腸ならば、硬くも柔らかすぎもしないちょうど良い便が出てくるものです。

 

良く便で健康状態がわかると言われるのはこういうことなのです。腸内環境を良くしましょうと耳にする機会が多いと思います。この腸内環境というのは私達の健康に直結している大切な物なのです。

 

免疫機能という言葉を聞いたことがあるでしょうか。身体の中に存在する免疫細胞の多くが腸の中なのです。その働きは、病原体やウィルスなどの侵入を察知して食い止めることです。外から入ってくる外敵を守るためにも腸は多大な役割を果たしているのです。

 

腸にはおよそ100兆個もの細菌が住んでいます。これらは腸内細菌と呼ばれ、「善玉菌」「悪玉菌」などと分類されています。前述した免疫機能は、「悪玉菌」が増えることによって低下してしまいます。そうすると様々な病気の原因にもなってしまいます。

 

このため「善玉菌」を増やすことが望ましいのですが、努力で「善玉菌」を増やすことは可能なのです。一番良く知られているのがヨーグルトですね。しかしヨーグルトなら何でも良いというわけではありません。

 

「ビフィズス菌」入りのヨーグルトが最も優れた整腸作用を期待出来ると言われています。生きたまま腸に届き、「善玉菌」を増やしてくれるヨーグルトは腸にとっての救世主と呼べるでしょう。

 

その他にも肉類の摂り過ぎも「悪玉菌」が増える原因になります。便秘も良くありません。水分の摂取を心がけましょう。この時カフェイン入りの飲料はなるべく避けましょう。利尿作用があるため、オススメ出来ません。

 

不規則な生活も、腸の天敵です。規則正しい生活を心がけましょう。私達の心がけ一つで腸内環境はいくらでも改善出来るのです。

善玉菌と悪玉菌を丸裸にする

善玉菌はプロバイオティクスともよばれ、主に乳酸菌やビフィズス菌の事です。

 

腸内での働きとしては、腸内を酸性にして悪玉菌などの有害な菌の繁殖を抑制したり、免疫力を高めたりします。腸内の善玉菌を増やすポイントはビフィズス菌を増やす効果のある食品を食べ、飲む事です。代表的な物としてはヨーグルトが挙げられます。

 

しかし勘違いしてはいけないのが、ヨーグルトを食べれば単純に腸内のビフィズス菌が増えるという訳ではない事です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内のビフィズス菌を増やす手助けをしてくれます。

 

健康をサポートしてくれるという事です。ヨーグルトの他に善玉菌を増やすポイントとしてはゴボウやキャベツなど食物繊維を多く含む野菜を取ることが挙げられます。食物繊維の働きは、善玉菌の栄養源になる事や悪玉菌から生成される有害物質を体外へ排出させます。

 

その他にビフィズス菌の栄養源となるオリゴ糖を含む食品を食べることも良いとされます。普段の食生活では肉類を控えめにして食物繊維やオリゴ糖を多く含む食品を摂取することにより、腸内の善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれます。

 

悪玉菌とは人体に悪影響を及ぼす有害物質を生成する腸内細菌です。

 

有害物質の中には発がん性物質も含まれます。悪玉菌が作る有害物質によって人体にどのような影響があるかというと、便秘や肌荒れ、免疫力の低下により風邪などの感染症にかかりやすくなります。

 

また精神的な部分にも影響を与え、うつな気分になりやすくなります。腸内で悪玉菌が増えてしまう原因としては食生活の乱れがあります。栄養の偏った食生活を続けるとビフィズス菌が減ってしまい、悪玉菌が増えてしまいます。

 

特に肉類中心の食生活になってしまうと更に悪玉菌が増えてしまいます。消化しきれない肉は腸内で腐敗便となり悪玉菌の栄養源となってしまう為です。食生活以外ではストレスを感じることも悪玉菌を増やす原因となってしまいます。

 

ストレスは自律神経に影響を与え、胃酸の分泌が抑えられてしまいます。胃は胃酸により強い酸性で保たれていますが、胃酸の分泌が抑えられてしまうと、酸濃度が減少してしまい、本来なら寄せつけなかった有害物質を受け入れてしまい、悪玉菌が増えてしまいます。

 

ただし。悪玉菌は完全にない方がいいというわけではなく、善玉菌とのバランスが大事です。

知ってそうで知らない便の秘密

人間にとって大切な排泄である「便」ですが、自分の便の状態としっかり向き合っていますか?

 

便に含まれるものは何かというと、健康で毎日快便の人の便は、80%が水分といわれます。残りの部分に、日ごろ食べた食物の栄養分が吸収されて残ったカス、そして腸内に滞在している腸内細菌、そして腸粘膜というもので20%の重量をしめるといわれます。

 

便にたくさんの水分を含んでいることは快便の目安なのです。腸内細菌と一言で言いましたが、その細菌は1gの便に約一兆個と言われています。腸内ではこんなにも多くの細菌が働いて、食物からの栄養の吸収と、老廃物のデトックスをしているのです。

 

腸内細菌を整える重要さを痛感しますね。

 

さて、便に含まれる水分量ですが、これが少ないと便秘、多すぎると下痢症ということになります。便の色や形、柔らかさもそれによって違ってきます。便の臭いからも健康状態が測れます。

 

そして、その状態を左右するのが腸内細菌と言えるでしょう。腸の周りの筋肉や腹筋の状態、腸自体の蠕動運動、腸内に善玉菌が優勢で存在しているか、ということも便に含まれる水分量や、その状態を左右します。

 

便秘になると、腸内に便が何日も停滞し、貯まった状態となります。この便秘の悪影響は計り知れないものなのです。便秘症の人は、なかなか日常的に便を排泄することができないので、何日も出ないのはお悩みとは思いますが、健康の為にはなんとか解消すべきです。

 

便秘は腸内細菌に悪影響を及ぼします。停滞する便が原因となり、悪玉菌が増殖するのです。これはクロストリジウムといって便の環境が大好きでどんどん増殖し、発がん物質や発がん促進物質、アンモニアや硫化水素などの有害な物質を出すのです。

 

便秘になると臭いおならが発生しますし、便が出た時に悪臭を放ちます。これは有害物質が増殖している証拠で、それは腸壁からどんどん吸収されてしまい、血中から身体中を廻り、さまざまな不健康状態を呼んでしまうのです。

 

便秘の悪影響は、女性にとってはとっても男性にとっても不快なものから始まってきます。肌荒れや吹き出物、口臭や下腹がはる不快感などです。それでも食事はとるわけで、どんどん固くなってしまいます…。

 

便秘の原因はさまざまですが、野菜などの食物繊維が少なく、肉食が続くと善玉菌が腸内で減ってしまい、水分の調整もできなくなり、便が硬くなってしまいます。間違ったダイエットを続けたり、運動不足や不摂生も影響します。